「イケない」女性の意識

「イケない」女性の意識

「私、イったことがないの」とか
「イケなくてごめんね」という女性がよくいます。

 

イケない女性

 

「不感症なのかな?」なんて悩んでいる女性もけっこう多いんですよね。

 

もちろん一概には言えませんが、
単に女性が感じにくい体質だから「イケない」というのは違うようです。

 

かといって、男性のセックスのテクニックが下手くそだから、
というのも全く的外れな考えといえます。

 

なぜなら、女性の「イク」「イカない」は、セックスの技術とはほとんど関係がないからです。

 

よく言われる言葉に
「男はペニスでイクが、女性は脳でイク」というのがありますね。

 

つまり、女性の脳が「濡れているかどうか」が肝心だというわけです。

 

そしてこの問題を解決する手立ての一つが、
前のページでもお伝えした前戯の重要性につながっているのです。

 

男性は、女性の裸やアソコを見るだけで簡単に理性のカギが外れ、
「セックスしたい」「発射したい」と考えるのですが、

 

女性はセックスに対して常に理性が強く作用していて
簡単にセックスしたいとは思いませんし、
セックスしてもそうそう乱れたり、イッたりということもありません。

 

こうした女性の理性を心理学的に「ケルベロス」と呼んでいます。

 

多くの女性はセックスをしていても、

・男性に完全に身を委ねられない。
・心を許していない
・イクのが怖い
・恥ずかしさがぬぐえない
・淫乱な女と思われたくない
・軽い女と思われたくない

と、理性が作用してどこかで自分をセーブしてしまっているために
なかなかイケないという女性は多いわけです。

 

つまり、イク。イカないを大きく左右しているのは女性のメンタルなんです。

 

あなたは言葉や行動でゆっくり時間をかけて前戯を行い、
パートナーの女性に絶対的な安心感と信頼感を植え付けることが大切です。

 

そして本当の意味で心と身体を解放させることで、
女性を「最高のオーガズムでイク」という絶頂に連れて行くことができるのです。

 

イク、イカない肉体的な部分よりもメンタルに負うところが大です。
前戯は丁寧に行いたいですね。

関連ページ

前戯はとても重要
AV女優・北条麻妃が監修した「北条麻妃 正しい教科書」を実際に購入してみました。正しいセックスを考えるコラムをシリーズで掲載していきます。パートナーとのセックスにおいて、前戯は本当に大切なものの基本中の基本です。
性感帯の探し方
AV女優・北条麻妃が監修した「北条麻妃 正しい教科書」を実際に購入してみました。正しいセックスを考えるコラムをシリーズで掲載していきます。女性によって、性感帯は十人十色です。というか、本来女性にとっては全身が性感帯なのですが。
こんなセックスをする男は嫌われる
AV女優・北条麻妃が監修した「北条麻妃 正しい教科書」を実際に購入してみました。正しいセックスを考えるコラムをシリーズで掲載していきます。女性が嫌う男性のセックスを紹介します。
精神的に気持ちよくさせる方法
正しいセックスを考えるコラムをシリーズで掲載していきます。女性の場合は、絶対的にセックスで「イク」ことを求めているのではありません。
Gスポットの見つけ方と刺激の仕方
AV女優・北条麻妃が監修した「北条麻妃 正しい教科書」を実際に購入してみました。正しいセックスを考えるコラムをシリーズで掲載していきます。Gスポットの見つけ方と刺激の仕方とは?
スムーズな体位の変え方
AV女優・北条麻妃が監修した「北条麻妃 正しい教科書」を実際に購入してみました。正しいセックスを考えるコラムをシリーズで掲載していきます。スムーズな体位の変え方はとても重要です。